公園で遊んでいて感染する?

アタマジラミを駆除する前に抑えておきたい注意点

公園の環境から感染する事はありません

公園の砂場で遊んでいて、アタマジラミに感染する事などありますか?

砂場から直接感染するような事はあり得ません。
アタマジラミにありがちな誤解です。

たとえば、森林公園のように木々が生い茂る場所に行って、ダニやノミなどと同じように感染してしまう事と混同されてしまいがちですが、砂場など、公園の遊具から感染するような事は、普通に考えたらあり得ません。

ヒトに寄生しているシラミは、自然環境だけでは生きていけないからです。
ヒトからヒトに感染するのが主なルートで、外から持ち帰ってくるというのは、考えにくい事です。

これは、アタマジラミの生命力とも関係している事ですが、ヒトの血液を吸血して栄養を摂っていなければ、そんなに長く生きていられません。

もしも、砂場で遊んでいた後にアタマジラミを見つけたという事があれば、それは、一緒に遊んでいた他の子の頭にシラミが既に寄生していたという事が第一に考えられます。

これは、プール(水)でも同じ事が言えますが、シラミがプールの中を移動して頭に寄生するというのは、とても考えられません。あの広いプールをシラミが泳いで移動し他の人に移るというのは極めて低い確率です。

これも、プールの水を介しての感染ではなく、更衣室のロッカーやカゴの衣類、タオルなどを介しての感染が主なので、頭同士がぶつかる、髪の毛がふれあう、もしくは、それに最も近い、タオルや枕を介しての感染が主になるという事がわかります。