薬剤耐性シラミってナニ?!

アタマジラミを駆除する前に抑えておきたい注意点

近年増えているスミスリンの効かないシラミ

読んで字のごとくですが、薬剤に対して耐性を持つシラミが近年増えています。この薬剤耐性シラミという種類は、元々は、欧米からやってきたと言われています。

日本にも様々な外来種が各地で問題となっていますが、多くは、日本の原種よりも遺伝的に強く色々な面で耐性を持っています。

ですが、日本で被害が拡大しているのではなく、海外での被害報告も多いのが薬剤耐性シラミです。特にアメリカで大変なことになっているそうです。

アメリカの場合、実に被害の9割が薬剤耐性の特性を持つシラミによるものだと言われている位です。
こんな話を聞いているだけで、頭が痒く感じてしまいますね…。

日本でも報告があります。
2012年7月11日付け、昆虫医科学部第三室による発表によると以下のような内容でした。

2006年から2011年までの6年間、スミスリンに対して抵抗性を持つアタマジラミを全国調査したところ、トータルでは、試験者数795人に対し抵抗性を持つシラミが120件(15.1%)となったそうです。

特に沖縄県はヒドイ結果。
74人中71人から薬剤抵抗性シラミ発見!

そうなると、大半が沖縄で本州地区まではまだ広がってきていないと言えるかもしれませんが、これは、2011年までの結果であり、それから、薬剤耐性を持つシラミが増えている事は想像できると思います。

それに、中国などからの団体旅行客など増えている事を踏まえてもそうだし、今後のオリンピックなどで欧米からの旅行者が一気に増える事を考えても、更にスミスリンではどうにもできないシラミが増えるかもしれません。

その点、駆除方法の異なるシラミンなら耐性関係なく効き目が期待できるので、備えておいて損はありませんね。