アタマジラミの駆除と注意点

アタマジラミを駆除する前に抑えておきたい注意点

子供がアタマジラミに感染したら…

「なんだか、頭が痒い…」
「え?、何これ…、フケが動いている…」

このような症状なら、アタマジラミの可能性が高いです。

アタマジラミとは、ヒトの血液をエサとして生きているシラミの一種ですが、毛髪・頭皮に生息し卵を産んで数を増やしていくという寄生虫です。

厄介なのは、気づいた頃には、悲惨な状態に陥っている事です…。

幼稚園や学校で”シラミ注意報”のお便りが届く事がありますが、その位、流行すると一気に広まる危険性があります。特に、都心部のように学級数が多く、子供の数が多い環境ほど注意が必要です。

「自然に治るんじゃないの?」

残念ながら、自然に治る事はありません。

人に寄生するアタマジラミは動物には寄生しません。
なのに、未だに数を増やしているという事は、それだけ繁殖力が強いのです。

「病院に行けば、すぐ駆除してもらえる?」

これも、残念ながら『NO』です。

アタマジラミやケジラミの寄生虫感染は病気の扱いにはならないので、病院でしてもらえる事は、それが何かをはっきりさせる診断と補助薬品の紹介です。

「アタマジラミです。薬局でスミスリンシャンプーというのが売っているので、それを買っていってください。使い方は、この後説明します。」と、シラミ駆除剤を紹介されて終了。

また、病気では無いので健康保険は使えないという事になりなす。

「なら、そのシラミ駆除剤ですぐ良くなる?」

これも、微妙なところ。
病院で紹介されるスミスリンシャンプーの場合、早期発見ならすぐ治せるかもしれません。

でも、子供に使う場合は、注意が必要な殺虫成分を含んでいるので、そのあたりの事情について知ってから、行動すべきだと思います。

スミスリンのフェノトリンがちょっと気になる

スミスリン製品の注意点とは、殺虫成分である事と薬剤耐性シラミが居る事です。

スミスリンの成分は、フェノトリンという殺虫剤

これが、シラミ神経に作用してマヒさせる事で退治します。

また、シラミだけでなく、ダニなどもそうですが、スズメバチなどの殺虫剤も同様の成分が使われています。

スミスリンの成分は、ピレスロイド系です。
特徴として、害虫の皮膚や口から入り神経に作用しマヒさせる働きがあります。

「ということは…、殺虫剤を子供の頭に?!」

ただし、スミスリン(フェノトリン)の安全性については、臨床試験において、動物(ウサギ)と健常な成人に使用した結果、低刺激性である事が認められているそうです。
なので、安全性が保証されているとは言えます。

「でも、子供で試した結果じゃないよね、それ…」

このような懸念点は、確かに残りますね…。

今もシラミ駆除剤のスタンダードな製品として売られているので、そこまで気にするほど問題ではないのかもしれません。

問題なのは、この薬が効かないシラミが居る事。

ここ最近のアタマジラミは、スミスリンに対して抵抗力を持つ薬剤耐性シラミが多くなっているので、結局、効き目が無い場合も有ることが一番の問題なのです。

安全な成分でシラミを駆除する方法とは

「ちょっと不安なんだけど…、他に方法は無いの?」

このような疑問が残ると思います。
この場合、以下のような条件を満たすのシラミ駆除剤であれば、使用する上でも問題無く効果も期待できると思います。

  • 殺虫成分を含まないもの
  • つまり、天然成分のみで駆除できる
  • できるだけ、短期間で処置が終わるもの

子供への安全性を第一に考えると、これらをクリアしてくれると助かります。また、処置回数が多いと子供も我慢できるのか心配。処置する側の家族にとっても負担となります。

でも、まずは、安心して使える事。

この条件に近いものだと、海外製のシラミ駆除剤の中に一つあります。
それが、シラミン(Cilamin)という製品です。

「なんか…、シラミが増えそうな名前…(笑)」

その働きは確かなようです。
シラミンの特徴は、以下のようになっています。

  • 副作用の無いナチュラル由来成分
  • 今まで無かったシラミ駆除の方法
  • 最短20分でシラミの駆除が可能
  • 成虫と幼虫、そして、卵にも効く
  • 薬剤耐性シラミにも使える
  • 幼稚園での臨床試験で高い効果
  • 最長2週間で効果が無ければ全額返金保証

つまり、「安全性を考えた上でしっかり駆除可能」という事です。

シラミンとスミスリンはどれだけ違う?

「内容だけ見るとなんか良さそうだね。」
「でも、実際にどんな違いがあるの?」

【1】まずは、安全性への配慮

シラミンは、子供のアタマジラミに使う事を想定し十分に安全性を考慮して作られています。その結果がナチュラル由来成分による駆除。

また、子供の頭だけではなく、大人のデリケートゾーンに寄生するケジラミにも用いる事が出来るので安全性は重要ですね。

【2】従来とは異なる駆除方法

スミスリンの場合は、殺虫成分のフェノトリンが虫の神経に作用して動きをマヒさせるものですが、シラミンの場合は、アタマジラミをを脱水状態にする働きがあります。更に、ミネラルオイルの働きで窒息状態にするという二つの駆除方法。

この働きがナチュラル成分のみで出来ているというところに注目です。

【3】最短20分という早さ

スミスリンの場合、使用期間は、7日~10日ほど続ける必要があると使用方法にも書かれていますが、シラミンは、最短20分で駆除も実現可能なようです。

【4】卵も同時に駆除できる

ここが、結構重要です。

スミスリンの働きは、シラミの口や皮膚から吸収され神経をダメにするというもの。これは、言い方を変えると、動いている虫の神経にしか作用しないんです。つまり、卵には効き目が無いという事です。

その点、シラミンは、脱水状態を誘発する働きが卵にも効くので、その卵がふ化してまたぶり返す心配も無くなります。

【5】薬剤耐性シラミにも効果的

シラミ以外の寄生虫も含めて、従来の殺虫剤の効かない遺伝子を持つも種類が増えてきているようです。むしろ、薬を使用する事によって、耐性を持つように進化してしまったとも言えます。

スミスリンに対しても同じように効き目が無いアタマジラミが居る事もそうです。
その点、シラミンなら耐性シラミに対しても使う事が出来ます。

【6】幼稚園での臨床試験で高い効果

安全性と効果の確認。
シラミンは、幼稚園の園児44人を対象として比較試験も行われたそうです。その結果も記載されているので参考になると思います。

【7】全額返金保証

そして、ここです。
「実際に使ってみて、効果が無かったらどうすんの?」という場合です。
こうした場合でも90日間の全額返金保証対なので、金銭的にもノーリスクで試す事ができます。

シラミンは少し価格が気になる?

「価格はどの位なの?」

メインの駆除製品となるシラミンローション1本の価格とスミスリンシャンプーLの価格を比べてみると、この違いを感じるかもしれません。でも、よく確認してもらうとシラミンの方がお得かもしれません。

商品名 実際の販売価格 容量 1mLあたり
スミスリンシャンプーL(80mL) 1,973円 80mL 25円/mL
シラミンローション(240mL) 5,490円 240mL 23円/mL

内容量がちょうど3倍なので、その違いによる価格差を感じますが、実際には、シラミンローションの方が安いとわかります。また、量が沢山なら、ストックしておく事が出来るという意味でもちょうど良いかもしれません。

実際、80mLだと足りずに買い足すというレビューを見かける事があります。

ほぼ同じ価格で、片方は殺虫成分で卵は駆除出来ない。
もう一方は、すべてナチュラル成分なのに卵も同時に駆除できる。
しかも、最短20分。

まだ、子供が幼いなら今年だけじゃなく、来年、再来年と繰り返す心配もありますから、シラミンをストックしておけば、まさに、『備えあれば憂いなし』で居られますね。

セットの内容と使い方

「2種類あるようだけど、ローションとシャンプーの違いは?」

この辺の疑問について、使い方と一緒に解説します。

【専用クシで取り除く】

専用のクシを使い、髪の毛にひっついているシラミが見えたら、その都度取り除くと後のケアの手間も減ります。

ただし、皮膚の弱い子供の頭髪なので力加減は慎重に。
この時、しっかり毛先までクシを滑らせるように使うのもコツです。

このように、シラミ専用クシは、物理的に取り除く最良手段ですが、ローションで退治した後のアタマジラミを取る方が主な使い方となるかもしれません。

【ローションで直接撃退】

直接駆除するのがこのローションです。

すべてナチュラル成分で構成されていながら、シラミを脱水状態に追いやる事で動けなくして、ミネラル成分の働きで窒息状態にする事で弱らせる事が出来ます。

また、卵にも同じように効果的なので、新たにふ化してぶり返す心配も減らせます。

【シャンプーで仕上げ】

予防と仕上げに最適なシャンプー。

いくらローションが有効手段だとしても、中には、素早く動いて他のところに隠れていたり、たまたまローションがかかっていなかったなんて事もあり得ないことではありません。

そんな残ったシラミ、または、かろうじて生き残っているシラミに対して、シラミン・シャンプーが効くそうです。

また、配合されているニームオイルは、シラミを寄せ付けない効果があるとの事。
つまり、今後の予防にもなるという事ですね。

シラミの完治と忌避効果として、シャンプーでの仕上げが快適です。

購入方法と注意点

「シラミンはどこで買えるの?」

この製品は、ドクターズチョイスというブランドから出ています。

また、正規取扱店は、ビューティーアンドヘルスリサーチ社という輸入代行サイトです。

もちろんカスタマーも日本人なので、わからない事は気軽に聞くことが出来ます。

>>シラミンの正規取扱店(販売ページ)はこちら

「商品が海外からの発送だと、届くのに時間がかかるんじゃ?」
「その間、子供に我慢させなくちゃならないの?」

シラミンの購入で一つ注意したいのが届くまでの時間。
ここは、確かに注意したいところです。

海外から日本に届くまでの時間を考えると、どうしても日本での通販よりタイムラグが生じてしまうのが痛いところです。

届くまでの数日を我慢するか、他の方法で対策するか。
この間が非常に悩ましいところですが、例えば、ドラッグストアで売られているシラミ専用クシなどはすぐに手に入るので、これを用いてある程度除去しておくのも一つの方法です。

一番良いのは、予防として前もって購入しておく事だと思いますが、価格など踏まえると、さすがに、おいそれと簡単に手が出せる金額じゃないかもしれません。

それでも、従来品への安全性への懸念と卵も駆除できるという事などから結構注目されてきている商品です。既にレビューなども掲載され始めているので、その辺を確認してみてからでも良いのでは無いでしょうか。